アパートやマンション等の集合住宅では、廊下などの共用スペースを持っていることになります。

物件によって違いがありますが、廊下に用いている素材が樹脂製などのタイルの場合も多く、このタイプの場合ではフロアコーティングを行うこともおすすめです。


一般的には住宅内のフローリングに対して施工する方法ですが、一部のタイルでも十分に対応することができます。以前はワックスを用いて輝かせることを行っていた物件が多く見られましたが、フロアコーティングを利用する方法で、タイルを飛躍的に長持ちさせることができます。


集合住宅などの物件の場合では、不動産管理会社が入っている場合が多く見られ、会社で定期的に清掃を行っていることも一般的です。



タイルに対して何も施していない状態であれば、汚れが後に落ちなくなってしまうことになり、美観を損ねてしまうことがあります。

そのため、ワックスを用いて保護を行っている物件が多いのですが、現在ではワックスよりも耐久性の高いフロアコーティングが注目されています。


施工費用は高めになりますが、費用対効果で考えた場合ではお得になるケースが多いので、各物件のオーナーは積極的に利用してみることもおすすめです。



フロアコーティングの場合では、用いる素材によっては10年や20年といった耐久性を維持することができるので、長期的に綺麗な状態を保つことができ、タイルを傷めずに長持ちさせる方法として最適な手段になります。



現在では低料金にて施工を引き受けている業者も多いので、インターネットから業者探しを行ってみることもおすすめです。